04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.06.21 (Sun)

シルクさんは

20090621074558


●犬の前庭疾患 ぜんていしっかん
平衡感覚をつかさどる前庭神経に異常がおきて、体のバランスがうまくとれなくなるため、
頭をかしげ、まっすぐ歩くことができなくなります。

症状は急にあらわれることが多く、重症になると横に倒れたりします。 前庭神経の異常が生じる原因として、耳の炎症や耳にできた腫瘍などがあげられますが、
なかには原因不明なものもあります。
一般に5、6歳以上の犬によくみられます

犬の内耳炎の症状として代表的なものは、難聴や眼振(眼球が左右に揺れる)です。そのほかに、炎症が起きている耳の方向に頭を傾ける、足がふらついてまっすぐに歩けなくなるなどの症状もみられます。発症してすぐの頃は、方向感覚を失い、炎症が起きた耳を下にして旋回して倒れることがあります。重症になると、完全に歩くことができなくなるほか、食欲が落ちる、吐くなどの症状も現れます。


これかも。
シルクさんの症状にも当てはまるし、医者から出された薬とも一致するし、、、、
ま、シルクさんは5,6歳ではなく15,6歳ですが"(ノ_・、)"
ふむむ・・・・色々検索してみるもんだなぁ・・・

前庭疾患の詳しい内容は下記に。参考までに・・・・・




【More・・・】

前庭神経炎

 耳の奥(内耳)には、蝸牛という聴力を司る器官と、前庭(半規管を含む)という平衡感覚を司る器官があり、耳石という器官から出ている前庭神経があります。
  前庭神経炎とは、前庭(半規管含む)や前庭神経に何らかの原因で障害がおこる病気で、蝸牛の障害を伴わないもの、つまり、耳鳴りや難聴などの聴力障害を伴わないものを指します。
 高齢の動物によく見られ、犬以外にもネコやウサギなども発症します。 重度の場合、斜頚などの後遺症が残る場合もありますが、発病当初の症状が激しいわりには、予後は良いとされています。
 しかし、一度障害を受けた前庭は機能回復が困難と言われており、再発を繰り返すことも多々あります。

<原因>

 外耳炎の悪化などにより、内耳まで炎症が達することが原因であるとか、前庭への血管の閉塞が原因であるとも言われていますが、明確な原因は不明。

<症状>

 突然発症することが多く、発症からほぼ24時間以内に次のような症状があらわれます。

● 回転性眩暈
● 眩暈による嘔吐・食欲不振・元気消失など自律神経障害
● 眼振(眼球が一定リズムで一方向に流れる)
● 斜頚(首をかしげているような状態)
● 重力に対しバランスが取れない為、真っすぐ歩けない、立てない、転ぶなどの
運動障害を起こす。うまく歩けない事を怖がり、寝たきり状態になることもある。

<治療>

● 病変の場所や状態を、正確に把握するのは非常に困難かと思われます。
MRIなどで検査をすればわかる場合もありますが、高度先進医療器を揃えている
病院は少なく、外科的処置ができる獣医師もごくわずかで、リスクを考えれば内科的療法が現実的と言えるでしょう。

● 獣医師にステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)やビタミン剤を処方してもらうのが一般的なようです。

● ステロイド剤は治療として非常に有効な反面、副作用もあります。 病状に合わせた適量を処方してもらう為にも、病状を細かく正確に伝達できるようにしましょう。

● ステロイドの投与により、体内で本来つくられているホルモンの分泌量が
減少する場合があります。   病状が良くなったからと飼い主が自己判断で薬を中止した場合、体内で必要なホルモンが足りなくなり ショック状態から突然死の
危険があります。必ず獣医師の指示どうりに投与しましょう。

● ステロイドの副作用として、免疫力が低下し感染症にかかりやすくなります。

参考資料:http://www.geocities.jp/sippo7nao/index.htm  seven tails様
スポンサーサイト
07:45  |  犬写真  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://crownblog.blog83.fc2.com/tb.php/723-8583ae6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。